cfc0c8ee.jpg
松井今朝子さんの『今朝子の晩ごはん』

今月創刊したポプラ文庫の一冊です。
松井今朝子さんは亀が大好きで『大江戸亀奉行日記』などの著作もあります。

直木賞作家というほうが正式な紹介なのかもしれません…
毎日の晩ごはんのブログを書籍化したもので、その中に「ガラパゴス紀行」のことも書かれています。

ブログでガラパゴス紀行の動画が見られます。
ガラパゴスは世界遺産第一号。ゾウガメがいる島でダーウィンが滞在し後に「種の起源」を書きました。ガラパゴスはスペイン語で「巨大な亀」という意味だそうです。

「もし生きるのに疲れて人生をリセットしたくなったら借金をしてでも行ってみることをオススメします。」(本文より)

とても魅力的で是非一度行ってみたくなりました。 最後の段落は考えさせられました。

とても素敵な一冊です。 カメにだって天国があっていい。
スポンサーサイト



2008.04.09 Wed l 本のはなし l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kamecokamesuke.blog119.fc2.com/tb.php/89-12135ce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)