かめこと亀助と遊んだ後は、
南極観測船「しらせ」の一般乗船に参加してきました。

現役を引退した「しらせ」は、株式会社ウェザーニューズに買い取られ、
「SHIRASE」と改名されました。現在は、千葉県の船橋港に係留されていて、
事前に予約すると、一般乗船に参加することが出来ます。

P1560931-sirase.jpg
想像以上に大きな船でビックリ。氷を砕きながら進む砕氷船なので、
頑強に作られているそうです。

厚い氷に出くわしたときは、200~300メートル後退させて、最高出力で
突進して突き破っていくそうです。何だか凄そう。。。

P1560855-sirase.jpg
救命用の浮き輪。船体や浮き輪は、アラートオレンジという色で塗装されています。
南極海での可視性が高く、日本の南極観測船のシンボルカラーなのだそうです。

P1560809-memo.jpg
実際に使われていた食堂で、船の説明を受けて、船内の見学へ。
船内の各所で、気温や風速などの計測もしました。

P1560817-heya.jpg
寝室です。2段ベッドになっていて、ベッドの幅が結構狭いです。
寝相が悪かったら、すぐに下に落ちてしまいそう。

P1560823-kaidan.jpg
船内の階段。とっても急で一段一段注意しながら降りないと、
転んでしまいそうな階段でした。

P1560825-syokudou.jpg
厨房です。
船にはガスを積んでいないので、電気と蒸気で調理をするそうです。

ちなみに、金曜日のメニューはカレーライス。
長い航海で、曜日の感覚がなくなってしまうので、
食事で曜日の感覚を忘れないようにするそうです。すごいぞ!カレーライス(笑)。

P1560851-mado.jpg
船内の窓は、真ん丸。外の景色を眺めます。

途中、現在「SHIRASE」が係留されている場所で獲れた魚が水槽で飼われていました。
P1560870-fish.jpg
シマダイやナンヨウツバメウオ・・・

P1560873-hari.jpg
ハリセンボンもいるそうです。東京湾にもいろんな種類の魚が住んでいるんですね。

P1560880-kaji.jpg
操舵室の舵。

P1560901-sennsyu.jpg
操舵室から船首を眺めます。
今日は天気も良くて、スカイツリーなども見ることができました。

甲板に出て、雲の見分け方などの解説も受けました。

このSHIRASE、現在は自力航行は出来ないとの事でしたが、
まだまだ、立派な船であることを実感しました。

船内を案内してくれウェザーニューズ社の方々が、とっても丁寧に説明をしてくれて
楽しい時間を過ごすことが出来ました。
スポンサーサイト



2010.09.18 Sat l 今日の出来事 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

うわぁ!SHIRASEに乗ってきたんですね♪楽しそうだなぁ!私も、小樽・横浜・石巻で船を見学したことがあります。楽しいですよね。(^o^)
ベッドや厨房は見たことがないです。電気と蒸気で調理するんですね!(ToT)
曜日によって、メニューが決まっているんですね♪なるほど~!(^o^)
ハリセンボン、かわいいなぁ♪
2010.09.19 Sun l けろっぴ. URL l 編集
けろっぴさんへ
SHIRASEに乗ってきました。けろっぴさんも船の見学に行かれたことがあるのですね。南極までの長い航海ということもあって、船の中が一つの街のようでした。とっても楽しかったです。
厨房の大きなお釜も蒸気で温めるそうで、驚きました。金曜日はカレーの日♪私もカレーを作るのは、金曜日にしようかな(笑)。
ハリセンボン、とっても可愛らしかったです。
2010.09.19 Sun l kameco. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kamecokamesuke.blog119.fc2.com/tb.php/732-b124d4cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)