今日も晴れていい天気になりました。
朝、フローリングの上をカシャカシャと誰かが音を立てて歩いているのに
気が付き、起きてみたら、かめこが衣装ケースから脱出して歩いていました。

どうやら、産卵が近い様子。まだ、ホリホリ行動はしていないのですが、
普段行かないような部屋へ行ったり、落ち着かない一日を過ごしていました。

DSC_0070-tabi.jpg
毎月、楽しみに読んでいる角川書店の「本の旅人」。
角田光代さんが書いている「きょうも一日きみを見てた」という
連載のエッセイが大好きです。

角田さんが、愛猫のトトちゃんとの暮らしのなかでの出来事を
書いているエッセイです。

角田さんのトトちゃんへの愛情が溢れる文章を、
我が家の亀たちと重ね合わせて読ませてもらっています。

4月号のエッセイに、トトちゃんと暮らし始めてから、
ご自身の見る世界が大きく変わったと書かれていました。

それは、私自身も日ごろから大きく感じていたことだったので、
いつもに増して共感し、のめり込むようにして読み入ってしまいました。

角田さんは、文章の中でトトちゃんと暮らす前を猫紀元前BC(Before Cat)時代、
暮らし始めてからを猫紀元後AC(After Cat)時代と表現されています。

私も、亀(特に、かめこ)と暮らし始めてから、見る世界が、がらりと変わりました。
かめこと出会ったその日から、私も、亀(かめこ)紀元後
AK(After Kame(Kameco))時代を生きていると実感しています。

このエッセイ、単行本になるのが楽しみです。早く一冊の本になってほしいな。

DSC_0237-co.jpg
AK時代を生きるきっかけになった、かめこ。
今日は一日、そわそわと落ち着かない様子で歩き回っていました。
しばらくは、産卵前で食欲もなくなっていくはず。

無事に産卵が済みますように。。。
見守ることしかできない、歯痒い日々が続きます。

DSC_0224-suke.jpg
亀助、今日は静かに衣装ケースの中で過ごしていました。
夜も、かめこのことを気遣っているのか、あまりしつこく付きまとわずに
適度な距離感で過ごしているように見えました。

DSC_0222qui.jpg
クイちゃん、ケージの中で食事をしていたかと思ったら、
次の瞬間には、お眠りタイム。顔を上げた状態で、うとうとと眠っていました。
微笑んでいるような表情で眠るクイちゃん、とっても可愛い。

DSC_0218-fu.jpg
フーちゃんは、お食事中。ちゃんと起きていました。
フーちゃん、今日もすごい量の野草や小松菜を食べてくれました。
この小さな体のどこに入っていくの~??と不思議でなりません。

DSC_0153-maru.jpg
マルちゃんも、もりもり食べています。
歩くの大好きで、今日も、部屋に出せ!出せ!と大騒ぎしていました。

亀たちと過ごすことで変わった、私の見る世界。
亀たちに改めて感謝しています。
スポンサーサイト



2014.04.09 Wed l みんなのはなし l コメント (2) トラックバック (0) l top