朝、家を出て、空気の冷たさが昨日までとは違うと感じたものの、
雲のほとんど無い青空を見て、変に安心してしまい、寒がりなのに、
ジーンズで出かけてしまった私。もっと暖かい服装にすべきでした。

今日は、野毛山動物園で、午後から行われた、フタコブラクダの
ツガルさんのお誕生会に参加してきました。

DSC_0966-tu.jpg
野毛山動物園に到着して、まず始めにツガルさんの所へと向かったら、
既に、沢山の人が集まっていました。

何年か続けてお誕生会に来ているのですが、年を重ねるごとに、
ファンの方の数が増えている気がします。。。

P1090407-tuku.jpg
お誕生会の1時間くらい前から、ツガルさんの前に人が大勢集まってきました。
私も、ツガルさんの前で、誕生会が始まるのを待つことに。

ツガルさん、誕生会が始まる前に、少しだけお食事タイム。
美味しそうに牧草のような草を食べています。

P1090444-hito.jpg
イベントは、沢山の方達が参加して、大賑わいでした。
ツガルさんの一年を、飼育員さんが詳しくガイドしてくださったり、
集まった方達皆で、ハッピーバースデーの曲を歌ったり、楽しいひと時。

DSC_0016-cake.jpg
そして、毎年恒例の飼育員さんたち特製のバースデーケーキの登場です。
今年のケーキは、横浜の街並みを形作った、芸術的なケーキです。

ニンジンで出来たランドマークタワーやマスクメロンで作られた
インターコンチネンタルホテルなど秀逸。
中央のコスモクロックは、特製クッキーなのだそうです。

このケーキ、製作に4時間もかかったのだとか。飼育員さん達の愛情いっぱい。
とっても素敵なケーキです。

DSC_0006-cap.jpg
大きくプリントしたケーキの写真をパネルにして、紹介していただきました。
手前には、ツガルさんの形のクッキーも。
クッキーは、ツガルさん用に、甘くなく作ってあるそうです。

P1090457-tuyo.jpg
ツガルさん、素敵なケーキを見る見るうちに食べ尽くしています。
うっとりとした表情でケーキを食べるツガルさんが可愛らしい。

DSC_0039-tuuga.jpg
ツガルさん、最後までケーキを食べちゃいました。
沢山のご馳走の乗ったケーキ、さぞかし美味しかったんだろうな。

あれほど大きなケーキを食べきれちゃうツガルさんは、まだまだ元気いっぱい。
ツガルさん、お誕生日おめでとう!!
来年のお誕生会も楽しみにしています。

DSC_0990-da.jpg
ツガルさんのお隣で暮らしているダチョウ。
この騒ぎは、何事か?と首をきょろきょろ。

P1090351-kir.jpg
キリンさんは、のんびりお食事をしていました。

仮設の爬虫類舎で暮らす亀さん達。
DSC_0970-hes.jpg
ヘサキリクガメ。こんもりとした甲羅が可愛いなぁ。。。

DSC_0971-hou.jpg
ホウシャガメ。野毛山動物園にいるリクガメたちは、密輸などで摘発され、
警察から依頼を受けて飼育されている仔が多いです。

このホウシャガメたちも、育ちはバラバラ。なので、甲羅もボコボコとしている仔や
まん丸な仔など様々です。どの仔も、とっても可愛いです。

DSC_0974-kumo.jpg
クモノスリクガメ。
小さいけれど、ちょこまかと動き回っていて、元気いっぱいでした。

サイテスに入って、輸入が禁止されるまでは、日本でも人気のあった種類なのだそうです。
甲羅の柄が複雑で、個性があって、とっても素敵。

仮設の爬虫類舎、ガラスに陽射しが反射してしまって、中にいる動物達が見え辛いのが
少し残念。もっとじっくりと見られるようになるであろう、リニューアル中の爬虫類館の
完成が待ち遠しいです。

P1090465-haku.jpg
大池にいたハクチョウさん。
丁度、台の上に上がっていました。黒い足がロングブーツを履いているみたい。

野毛山動物園、今回も、とっても楽しませてもらいました。

DSC_0073-boro.jpg
動物園から電車で移動して、世田谷ボロ市に行きました。
夕暮れ前に到着したのですが、お店を見て回っているうちに、
あっという間に、真っ暗になってしまいました。。。

DSC_0069-kame.jpg
亀さんの置物。イシガメさんでしょうか、とっても精巧に作られています。

DSC_0071-kame.jpg
こちらは、亀さんの鋳物のようなもの。初めて見ました。

やっぱり、骨董はそれなりの額がします。
掘り出し物が見つかれば~と思ったのですが、残念ながら見つけられませんでした。

DSC_0077-tama.jpg
途中で、食べ歩きをした玉こんにゃく。
味がしみていて、とっても美味しかったです。

DSC_0088-kame_20131216170223559.jpg
昨年のボロ市で見つけて、欲しいと思っていた陶芸作家さんのお店から、
亀さんの湯呑みをお迎えしました。

可愛い2亀が、かめこと亀助のようでお気に入りです。
上の甲羅が丸いのが亀助、下の大きなのが、かめこといった感じでしょうか。

持つと手に、しっくりとなじむ素敵な湯呑みです。
寒い夜に、重宝しそう。大切に使います。

ボロ市、後半は震えそうなくらい寒かったけれど、楽しかったです。
スポンサーサイト



2013.12.15 Sun l 動物園のはなし l コメント (2) トラックバック (0) l top