9月28日の夜、東京の竹芝桟橋から「かめりあ丸」に乗って、
伊豆大島に行ってきました。

出発当日は、台風18号が過ぎ去ったばかりで、昼間のジェット船には、
欠航する便もありました。

インターネットで、運行状況を確認してみると、大島までは運行するみたい。
ほっとしたのも束の間、今度は、台風17号が本州に向かっていました。

30日の昼過ぎに、大島を出る船で帰ってくる予定でチケットを取っていたので、
行く事が出来ても、予定通りに帰ってこられないかも・・・。

そんな不安を抱えつつ、大島へ行くか行かないか決められないまま、
竹芝桟橋へと出かけました。

天気予報などを見てみると、翌日は台風17号の影響もまだなく、天気も良さそう。
楽しみにしていた大島への旅だったので、思い切って行ってみることにしました。

もうこうなったら、1日延泊も覚悟です。かめこと亀助のお留守番が3日間になって
しまうという事だけが、気がかりでした。

P1690819-br.jpg
夜10時に出航。東京湾内は、波も穏やか。順調な滑り出しです。
出航してすぐに、レインボーブリッジの下を通過します。
今回も、旅のお供は、き~ぽん子ちゃん。レインボーブリッジを背にパシャリ。

大島に行くときは、毎回レインボーブリッジの下を通るのですが、
旅のはじまりって感じがして、胸が高鳴ります。

東京湾内から出ると、波が高まる可能性があると言われていたのですが、
船もそんなに揺れることなく、快適でした。

P1690856-kame.jpg
翌朝6時前に大島に到着。
雲が多めでしたが、雨は降っていませんでした。いい天気になるといいな。

P1690892-ho.jpg
港からバスに乗って、三原山温泉のある大島温泉ホテルに向かいました。
温泉、朝食と休憩、1日分のバスのフリー乗車券のセットプランを利用しました。

PHOT0027-rote.jpg
さっそく、三原山温泉へ。露天風呂は、源泉掛け流し。
目の前には、雄大な三原山。
少し時間がたつと雲が晴れてきて、絶景でした~。

P1690866-mor.jpg
入浴後は、朝食。豪華です。

P1690867-aji.jpg
干物をあぶって、焼き立てを頂きます。

P1690876-goha.jpg
ホテルの方に、美味しいご飯の食べ方を教わっちゃいました。
ご飯に、島のりをたっぷりにかけて、島唐辛子を漬け込んだお醤油をかけます。
そして、さっと混ぜて食べると、とっても美味しい。

島のりの味が深くて、口の中に磯の香りが広がります。
この島のりを、おにぎりにつけたり、のり弁にしても美味しいそうです。
色々とお話を聞けて、ゆっくり寛がせていただきました。

P1690878-miha.jpg
食堂からも三原山を一望する事が出来ます。黒い山肌がカッコイイ。
この後、三原山に登る予定だったので、登山のアドバイスもしていただきました。

P1690880-ao.jpg
ホテルの入り口には、島唐辛子の苗が置かれていました。
立派な唐辛子が実っていました。一般の唐辛子より辛味が強いそうです。
プランターでもこんなに立派に育つのなら、私も植えてみたいなぁ。。。

ホテルの前からバスに乗って、三原山の山頂口へと向かいます。
大島を走るバスでは、運転手さんが観光案内をしてくれる事が多いです。

絶景ポイントで、少しバスを停車してくれたり、動植物についてや、
噴火のことを分かりやすく説明してくれるので、とっても楽しいです。

P1690907-moto.jpg
山頂に向かう途中の絶景スポット。木々の間から、眼下に元町港を見渡せます。
教えていただかなければ、見逃してしまうところでした。

写真には撮れなかったのですが、三浦半島と房総半島が左右に広がり
東京湾を一望できる場所でもバスを停めて頂きました。
こうして見ると、東京湾って意外と狭い気がします。

P1690915-sui.jpg
山頂口に到着後は、いよいよ登山開始。
遠くの山肌に煙が。これは、水蒸気が噴出しているだけで、心配はないそう。

P1690919-moun.jpg
台風の影響なのか、雲の流れが速くて、遠くを眺めていると、
雲の影が山肌を移動していくのがわかります。

P1690934-miha.jpg
三原神社に到着。二年前に訪れたときは、すごい霧がかっていて、
遠くの景色を眺める事が出来なかったのですが、
今回は、好天に恵まれ、雄大な景色を見る事が出来ました。

P1690935-hiha.jpg
1986年の噴火のときにも、近くまで溶岩が流れてきたのに、
神社には、流れ込まず、奇跡的に被害を免れたそうです。
神社の周りには、当時流れ出たであろう溶岩が広がっていました。

P1690944-oha.jpg
三原神社参拝後は、噴火口の周りを歩く「お鉢めぐり」へ向かいました。
写真は、噴火口です。昔は、300メートル以上の深さがあったそうなのですが
前回の噴火で、190メートルくらいになったそうです。

かなり浅くなったそうなのですが、充分過ぎるくらいに深いです。
ゴツゴツとした山肌が、迫力満点です。

P1690962-ro.jpg
お鉢めぐりのルートは、細かい溶岩の上を歩きます。
一歩一歩、足を進めるごとに、ざくざくという足音。
真っ黒な溶岩の上を歩くのは、不思議な感触。

P1690964-oha.jpg
別の角度から見た噴火口。
お鉢をめぐっていると、角度によって噴火口の表情が変わって見てます。

P1690954-pon.jpg
き~ポン子ちゃんも、一緒に登山です。

P1690969-ura.jpg
噴火後に、少しずつ緑が広がり始めていますが、まだまだ黒い溶岩が
広がっています。
奥のほうは、日本で唯一の砂漠、裏砂漠の辺りです。

P1690979-sui.jpg
水蒸気が噴出している場所の近くに行ってみました。
水蒸気、なんとなく暖かいような気がしました。

P1690982-1986.jpg
ここも1986年の噴火の火口だそうです。
縦に長い火口でした。こういう火口が、いくつもあるそうです。

P1690985-ura.jpg
方向によっては、見渡す限り噴火後の山肌が広がっています。
これ、写真では伝わらないくらい雄大な光景です。
三原山、凄すぎる。魅せられました。

P1690988-moun.jpg
過去に何度も噴火を繰り返して、こういった表情になっていったんだ。。。

P1690997-ura.jpg
三原山、まだ沢山踏破していないルートがあります。
次は、また別のルートで登ってみようと思います。

P1700001-ba.jpg
山の上のほうに居たバッタ。少し黒っぽい色をしていましたが・・・

P1700005-ba.jpg
緑の多いエリアにいたバッタは、緑色をしていました。
過ごしている場所によって、バッタもそれぞれです。

P1700016-kino.jpg
散策ルートの最後のほうで見かけたキノコ。
切れ目がワルっぽい。やっぱり毒キノコなのかなぁ。。。

P1700014-green.jpg
散策路の最後のほうは、木々に覆われていました。
ギラギラとした真夏のような日差しが、遮られて歩きやすいです。

この後、大島動物園に行きました。
その話は、次に続きます。
スポンサーサイト
2012.09.30 Sun l 旅のはなし l コメント (0) トラックバック (0) l top