足立区生物園には、亀さんもいましたよ~。

P1090538-kibara.jpg
かなり水深のある水槽の底を歩いている亀さん。キバラガメかな?

しばらく、見ていたら
P1090539-kiba2.jpg
息継ぎをするために、すい~っと水面へと向かっていきました。
こんな深い所じゃ、亀助は生きていけないなぁ。

陸場では~
P1090547-kiba3.jpg
気持ち良さそうにすやすや。爆睡している亀さんも。

で、この水槽の面白いのが、水槽を下から見ることが出来るんです。
P1090472-naka.jpg
子供に混じって、私も中に入っちゃいました。

下から見ると
P1580300-kiba4.jpg
亀さんの腹甲もばっちり見えます。

普段、下から泳いでいる亀さんを見ることはないので、ちょっと感動(笑)。

亀さんたちの写真を撮っていたら、
ちびっ子が「あそこにも亀がいるよ」と言いながら、私の横にやってきました。
「え、どこ?」と私。「あそこ」と指を指すちびっ子。

ちびっ子の指の先を見てみると~。
P1090466-tirimen.jpg
チリメンナガクビガメの姿が!首長っ!
「ほんとだ。ありがとう」とちびっ子にお礼。ちびっ子も、亀さんの長い首に驚いてました。

P1580244-horusu2.jpg
にゅ~っと首を伸ばすチリメンナガクビガメ。
魚に負けない位、上手に、そして優雅に泳いでいました。

中から出て、水槽の横からカメラを向けると~
P1580239-horusu.jpg
カメラをじっと見つめてきました。なかなか、キュートな顔です。

リクガメさんもいました。
夏は野外で飼育されているようでしたが、この時期はもちろん屋内飼育です。

P1090505-kedume.jpg
このケヅメリクガメは、甲羅が変形してしまっていました。

他のケヅメリクガメも
P1090511-kedu2.jpg
みんな、すやすやと熟睡中。
温室の中は、ぽかぽかと気持ち良いのでしょうね。

そして、ケヅメリクガメの間で~
P1090518-horusu.jpg
気持ち良さそうに寛いでいるホリスフィールドリクガメ。
まるで、親子のようです。

今度、夏の野外で、元気に活動しているリクガメさん達にも会いに来ようっと。

亀さんの他にも~
P1090485-utubo.jpg
ウツボ。
さすがに歯が鋭い。目の上から角?が2本突き出ていて、鬼みたいで恐そうです。
でも、鼻からも突き出た2本の角?がちょっと可愛らしい。

P1090500-kabuto.jpg
ミナミカブトガニ。
ちょこちょこと歩く姿が可愛らしかったです~。

子供の頃、『学研の科学』の付録にカブトエビの飼育セットが付いていたなぁ。
全然別の生き物なんでしょうが、ふと思い出しました。

P1580369imo.jpg
アカハライモリ。
こちらを見てくれました。可愛い!可愛い!

足立区生物園、とっても面白かったです。また、来ようっと。
スポンサーサイト



2010.12.20 Mon l 動物園のはなし l コメント (2) トラックバック (0) l top
公園のイベントで満腹になった後、足立区生物園へ向かいました。

P1090439-ent.jpg
近くの公園でイベントが行われていたこともあって、生物園も賑わっていました。
ワクワクしながら、園内へ~。

P1090529-bata.jpg
チョウの飼育室では、たくさんの種類のチョウを飼育していました。
写真は、今日羽化したチョウ達です。いろんな種類のチョウがいて、とっても綺麗。

P1580291-tyou.jpg
こちらは、蛹たちのラックです。黄緑色の蛹たちがたくさんいました~。

そして、羽化したチョウたちが住む、チョウの大温室へ。
亜熱帯をイメージした温室なのだそうです。
P1090570-bataseet.jpg
とっても大きな温室で、一年中いろんなチョウを観察することが出来ます。
チョウの観察シートを片手に、温室の中を回りました。

温室内には、色とりどりのチョウがひらひらと優雅に飛び交っています。
滝も流れていたりして、とっても素敵な空間でした。

P1090563-age.jpg
木にとまっていた、オオゴマダラ。
飛んでいかれちゃわないように、そーっと近づいて、パシャリ。

チョウの飼育室で羽化したチョウ達は、この温室に放されるのだそうです。

チョウの大温室を見た後は、屋外へ。
屋外に出ると、何やら人だかりが。。。その先には、
P1090610-mizet.jpg
フェルトで作られたトナカイの角をつけたミゼットホースが!?
「クリスマス馬車に乗って記念撮影!」というイベントのためにコスプレです(笑)。
馬車に乗ってミゼットホースと一緒に記念写真を撮ることが出来るそう。

トナカイ役のミゼットホース、じっと動かず役をこなしていました。

次に向かったのは、小牧場。
P1580350-esa.jpg
小牧場には、ミニブタ、ヒツジ、ヤギなどがいて、販売機で売っているエサを
あげることが出来ます。私も、1つ購入。

P1090612-esa2.jpg
モナカを割ると、エサが入っています。

P1090615-pig.jpg
まずはじめに、ミニブタのところへ。ブタは、視力が弱く、嗅覚が優れているので、
地面にパラパラとエサを撒いてあげると、エサの匂いを嗅ぎつけて、食べてくれると
係りの方に教えていただきました。

尻尾をフリフリしながら、こちらを見つめてきてくれて、とっても可愛い。
つい、たくさんエサを撒いちゃいました(笑)。

P1090635-seep.jpg
ヒツジやヤギは、手からエサを食べてくれます。
モナカの皮(?)部分も美味しそうに食べていました~。

そして、再び室内へ。
P1090672-tree.jpg
ライトアップされたクリスマスツリー。
このツリーのオーナメント、何だかわかりますか?

P1090646-treesanagi.jpg
なんと、オオゴマダラというチョウの蛹なんです。
キラキラと光る金色の蛹。こんなに綺麗な蛹、初めて見ました。

P1090639-treebata.jpg
蛹は、みんな本物で、こうして何匹か羽化していました~。
チョウが羽化した後の抜け殻も透明で、とても綺麗でした。

お土産に、こんなストラップを買いました。
P1090715-imo.jpg
その名も、いもむし君のストラップ。
開ウンと書かれているプラスチックの中に、いもむし君のウンPが入っています。
このストラップに入っているのは、ナミアゲハのウンP。
足立区生物園で飼育されているナミアゲハのものなのだそうです。

受験生にも人気だそう。私も、このストラップで“開ウン”間違いなし?!

生物園には、亀さんたちも暮らしていました~。
亀さんたちのはなしは、次の記事で。
2010.12.20 Mon l 動物園のはなし l コメント (2) トラックバック (0) l top