今日は、朝から暖かな陽気。
銚子行きの電車に揺られて、千葉県佐原市へ~。
“佐原の大祭 秋祭り”に行ってきました。

大人形を乗せた山車が、町中を進みます
1c9597871.jpg
源頼義の山車。

0cf0e66d2.jpg
仁徳天皇の山車。

全部で14の大きな山車が町を進みます。
山車が近くを通ると、やはり盛り上がりますね。
さすが、関東三大山車祭りの一つ!

14の山車の中で、私が見たかった山車は~
89279cbf3.jpg
こちらの浦島太郎の山車。

浦島太郎ですから、もちろん
bf61a89c4.jpg
亀さんの姿も。大きな亀さんです。
浦島太郎が亀に乗っている姿ではなく、亀さんが寂しそうに浦島太郎を見つめていました。

この浦島太郎の山車は、題が『亀と別れる浦島太郎』。
亀さんが、浦島太郎を寂しげに見上げていた理由は、別れを惜しんでの事みたいです。
よく見ると、浦島太郎は玉手箱を持っています。

でも、亀さんを見ていると~ある疑問が。。。
d66f6e9d5.jpg
浦島太郎との別れを惜しんでいる亀さんの手。
この爪は、ヌマガメでは?しっかり、ギリ5本。

ちゃんと、竜宮城まで浦島太郎を連れて行けた?泳げたの?
少し、心配になっちゃった私です。

小江戸とも称される佐原。情緒ある古い町並みも素敵です。
そして、二つの酒蔵もあります。

まずは、馬場本店
795e63cb6.jpg
馬場本店の樽酒。

19ea98967.jpg
蓑亀さんを見つけて、御満悦の私。
馬場本店では、試飲もさせていただきました。

続いて、東薫酒造
3fe7072e8.jpg
東薫酒造では、樽酒を振舞っていました。

b72669a9.jpg
もちろん、いただきます。
東薫酒造では、蔵見学もしちゃいました。
もう、町中でお祭りを盛り上げている感じです。

出店も、たくさん出ていて、あれもこれも食べたくなっちゃいます。
ef99c86210.jpg
飴細工の屋台。亀さんの飴を作っていたので、パシャリ。
私も、作って欲しかったのですが、行列であきらめました。

金魚すくいの出店を通りかかると~
95ba933211.jpg
“カ メ”の文字が、目に飛び込んできます。
よく見ると、6,500円の文字。かめすくいが、6,500円って!
一体、どんな亀がいるの????

で、ついつい金魚すくいのプールを覗き込んじゃいました。
080c364c12.jpg
い ました~。でっかい、アカミミさんでした。
まず、金魚すくいの網ではすくえないでしょう。
話のネタに書いてあるだけなのかな? 何だか、ちょっと安心しました。

いざ、かめすくいをやる人がいたら、困っちゃったりして。
実は、出店の人の飼っている亀?
金魚に囲まれて、静かにしていました。なかなか、お利口です。

小江戸と呼ばれる佐原の町並みや、
山車から聴こえてくる佐原囃子の音色~江戸情緒たっぷりで素敵でした。
佐原の大祭は、夏祭りも行われているそうです。

次は、夏祭りも遊びに行きたいな。
スポンサーサイト
2009.10.11 Sun l イベントのはなし l コメント (0) トラックバック (0) l top