鶴岡八幡宮でスッポンに餌をあげた後、鎌倉駅から江ノ電に乗って江ノ島へ~。
トンビの飛び交う海岸を見ながら、江ノ島神社へと向かいました。

江ノ島神社の奥津宮へ行くと、
14f1cb16.jpg
2394c8bf.jpg
御手水舎が亀さんでした。

拝殿に向かって右側に、鎌倉四名石の一つ「亀甲石」が置かれています。
c681a635.jpg
3459b420.jpg
この石は、別名「蔵六石」と呼ばれているそうです。
名前の通り、亀の甲羅のような模様が浮き出ていました。

拝殿の天井には~
d7f4c20f.jpg
「八方睨みの亀」が描かれています。
この亀は、 どこから見てもこちらを睨んでいるように見えるそうです。
眼光が鋭くて、力強い印象の絵でした。

e84dacb3.jpg
90f9c0e3.jpg
拝殿や、石灯籠にも亀の彫り物がされていました。

江ノ島神社を後にした後、まだ少し時間があったので、
亀岡八幡宮のある逗子へと足を延ばしました~。
0d726c5f.jpg
逗子駅のすぐそばにある、亀岡八幡宮です。

0df66120.jpg
4b4f88a6.jpg
拝殿の両脇には狛亀の姿がありました。
お守りを購入したかったのですが、社務所が休みのようでした。
また、機会を作って参拝に行こうと思います。

9413a986.jpg
今回、初めて逗子駅で電車を降りたので、
コロッケを食べながら、駅周辺を散策してみました。

すると、、、
11f4e3ad.jpg
駐車場の脇にこんな看板を見つけました。

b5dd52c3.jpg
残念ながら今日(日曜日)は、定休日で買うことは出来ませんでした。
ショーウインドウに飾られた“亀焼き”はこんな感じです。
可愛いウミガメの形をしています。 食べられなくて残念でした~。

近いうちにまた、鎌倉散歩に行ってみようと思っています。
スポンサーサイト
2008.10.19 Sun l 旅のはなし l コメント (0) トラックバック (0) l top
久しぶりに鎌倉に行きたくなりました。
この前、吉田秋生さんの漫画『海街diary 2 -真昼の月-』を読んだ影響が大きいです。
さっそく、今日行ってきました。
どうせ行くなら、色々と亀に関する場所を巡ってみようと。。。

まずは、北鎌倉で降りて円覚寺へ。
c508366a1.jpg
86621e252.jpg
円覚寺の妙香池に、亀さんがいました。
暖かい時期には、もう少し亀さんに出会えるかもしれませんね。

4a97a3093.jpg
本堂の丸窓からの眺め、素晴らしかったです。
残念ながら、座敷に上がることは出来ませんでした。

続いて、“紫陽花寺”としても有名な明月院へ。
もちろん、この時期は紫陽花は咲いていませんけど。。。

明月院の本堂の前に、枯山水庭園があります。
a8c149464.jpg
須弥山をかたどり、仏教観を表現しているとのこと。

でも、私がじっくり見たのは~
1f66c55a5.jpg
枯山水の中の“亀石”です。 草の部分が、甲羅なのでしょうね。
確かに、亀に見えます。立派な亀石でした。

ここから、“銭洗弁財天 宇賀福神社”へ向かいました。

亀ヶ谷坂切通し(かめがやつざかきりとおし)を通ります。
98419e3e6.jpg
ef4385597.jpg
かなり、傾斜のきつい坂です。

この亀ヶ谷坂切通しの名前の由来は、
傾斜がきついため、 亀も坂が上れずひっくり返ってしまうからだそうです。

銭洗弁財天の銭洗水で、お金をしっかり洗った後は、鶴岡八幡宮へ~。
鶴岡八幡宮の門をくぐって、すぐ源平池があります。

亀さんがいるかなぁとのぞいてみると、
13d7c3108.jpg
02a64b320.jpg
0ced24aa9.jpg
亀さん達、いましたよ~。参拝客から、パンをもらっていました。

周りを見回すと、こんな張り紙が~。
091942ac.jpg
2dfd9b9c12.jpg
鯉の餌を売っていました。
亀も食べますと書いてあったので、買っちゃいました。

さっそく、亀さんにあげていると。。。
4a0f7e1814.jpg
d7c5877c13.jpg
なんと、巨大なスッポンが! スッポンモドキかもしれませんね。。。

子供達からは「ワニみたいだ」と言われて人気者に。
みんな、スッポンに餌をあげてました。
私も、池でスッポンを見たのは初めてです。 かなり、ビックリしました。
子供達に負けずに餌をスッポンにあげました。

この後、江ノ電で江ノ島へ向かいました

2008.10.19 Sun l 旅のはなし l コメント (0) トラックバック (0) l top