昨日の夕方から降り出した雨が、今日の夕方までパラパラと
降っていました。せっかくの成人式なのに、冷たい雨の一日。

P1010931-o.jpg
お昼から、江東区古石場文化センターで開催されていた
第10回江東シネマフェスティバルに行ってきました。

午後からは、小津安二郎監督の作品「東京物語」の上映。
上映前には、女優 香川京子さんのゲストトークがありました。

香川さん、とってもお綺麗で、素敵な方でした。
撮影期間中の原節子さんとの交流のお話や、小津監督のお話など、
色々聴くことができました。お美しかったなぁ。。。

東京物語、何度観ても心に響く、すばらしい作品です。
会場が一体となって、クスリと笑い、静かに涙する。
大勢で観ることの良さも、改めて感じました。
スポンサーサイト
2017.01.09 Mon l イベントのはなし l コメント (0) トラックバック (0) l top
晴れていたけれど、気温が低くて寒かったです。

DSC_0464-t.jpg
タイちゃん、部屋に出ていたら、カメラのケースの中に入ってしまいました。
ここは、暗くて狭いから、リクガメたちに大人気。

P1010830-h.jpg
午後から、上野の東京国立博物館の特別展平安の秘仏
滋賀櫟野寺の大観音とみほとけたち を観にいってきました。

ご本尊の十一面観音菩薩像は、大きくて圧巻でした。
細かいところも見られるように、双眼鏡を持って来ればよかった。

P1010842-i.jpg
最終日だった、庭園公開にも行ってきました~。
仕事でお世話になっている方が、10日ほど前に行かれて、
綺麗だったと教えていただき、是非観にいきたいと思っていたんです。

P1010859-i.jpg
銀杏と紅葉のコントラストも綺麗でした。

P1010869-i.jpg
庭園の中央には、大きな池が~。
亀さんも暮らしていそうな気がします。
庭園公開は、春にも行われているようなので、春にも行ってみたいです。

P1010901-p.jpg
帰りに、メトロの上野駅で、パンダ型のPepperを見てきました。
やっぱり、怖い顔をしていました(笑)。
2016.12.04 Sun l イベントのはなし l コメント (0) トラックバック (0) l top
少し曇っていて、寒かったのですが、午前中から家を出て、
酉の市に行ってきました。

今年は、二の酉が勤労感謝の日と重なったので、昼間の
酉の市を楽しむことが出来ました~。

P1010705-t.jpg
休日ということもあって、参拝するための行列が、普段にも増して長く連なっていました。

P1010708-t.jpg
鷲神社の前に飾られている熊手、今年も凄く立派です。

P1010719-k.jpg
熊手を見て廻ると、どうしても、亀さんが飾られているものを捜してしまう私。
今年も、素敵な熊手がたくさん並んでいました~。

この熊手には、柘植の亀さんが飾られています。
綺麗に彫ってあって、一年間しか飾らないのは、もったいない。

P1010730-k.jpg
こちらは、立派な稲穂の蓑をつけた亀さん。
藁で編まれた亀さんも素敵だなぁ・・・。

いつか、このような立派な熊手をお迎えしたいです。
我が家は、例年通り、鷲神社の「かっこみ」を授与して来ました。
来年も、家内安全、商売繁盛で過ごせるといいな。

P1010734-a.jpg
酉の市の帰りに毎年覗く飴細工の屋台。
今年は、注文しませんでしたが、飴細工が作り上げられていく様をみると、
うっとりしちゃいます。

P1010738-n.jpg
雨が降り出さないかと心配だったのですが、酉の市を見た後、
少し歩いて、合羽橋に行ってきました。

日曜祝日は、休みのお店が多いので、どうかなぁ~と思って行きましたが、
半分くらいのお店は営業していてくれて、助かりました。

DSC_0309-k.jpg
そして、念願の鉄のフライパンを買っちゃいました!
欲しかった中尾アルミ製作所のキングパン。

本当は、もう少し大きなものがいいかな~と思っていたのですが、
実際持ってみたら、この大きさの重さが、しっくり着たんです。

鉄のフライパンって、扱いが難しそうだけれど、信頼を置いている
雑貨屋さんのサイトを読むと、いくつかの約束事を守れば、案外扱いやすそう。
なので、一念発起して、お迎えしちゃいました~。

これから、何年間お料理するか分からないけれど、のんびり育てて行こうと思います。

P1010699-t.jpg
酉の市に行く途中で見つけた鶏料理のお店「一之亀」。
名前に惹かれてふらふらと入店。

メニューに食べやすいと書かれていた「ひなどり」を注文しました。
特製オーブンで焼き上げた骨付き鳥、スパイシーで、美味しかったです。
2016.11.23 Wed l イベントのはなし l コメント (0) トラックバック (0) l top
朝は、凄く久しぶりに霧が出ました。
窓の外が、一面真っ白になることは滅多にないので、不思議な感じ。
幻想的な朝を過ごしました。

DSC_0251-c.jpg
霧が晴れると、青空が広がって、気温もぐんぐん上がります。
網戸にしていても肌寒さを感じないくらいでした。

かめこが、日向ぼっこしたそうだったので、部屋に出しました。
一等席で、気持ちよさそうに陽射しを浴びます。

DSC_0255-c.jpg
かめこ、網戸の傍を陣取って、長い時間陽射しを浴びていました~。
肌が乾燥して、涙目になっても、水に戻ろうとしません。

DSC_0265-r.jpg
リクガメたちは、揃ってお昼ご飯です。
貴重なヤブガラシ、黒い斑点が入ってしまっているものも、食べてくれて助かります。

P1010696-h.jpg
夕方からは、青山ブックセンターで開催された、試行錯誤に漂う 刊行記念
保坂和志×伊藤亮太トークイベントを聴きに行ってきました。

本を読むことは、内容を把握することではなく、読みながら他の事を思い出したり
何か、他の事を考えたり、自分の中での思考の時間と共にあるものなのかもしれない、
たとえ全体の内容が残らなかったとしても、それは読んだことになる。

とてもしっくりくる話を聴くことができました。

爬虫類のことも、最後に、ほんの少し触れられていたけれど、
亀達と暮らしていると、悟りに近いような、使命感とか責任感とか、
そんな小さなスケールでは全くなく、全てを自ずから受け入れて生きているように
感じることがあって、そんなことも考え出すと面白くなってきます。

DSC_0268-h.jpg
「試行錯誤に漂う」の単行本には、先日、荻窪のTitleさんで、サインを頂いたので、
今回は、「地鳴き、小鳥みたいな」の単行本にサインを頂きました。

DSC_0267-h.jpg
彫られた文字の章のひらがなの話が、とても興味深いです。

P1010697-h.jpg
青山ブックセンターの保坂さんの著作が平積みされたテーブルに飾られていたカード。
素敵な言葉だったので、写真を撮らせていただきました。
2016.11.20 Sun l イベントのはなし l コメント (0) トラックバック (0) l top
朝から雲ひとつない晴れ。気温も上がって心地よい小春日和です。

DSC_0239-b.jpg
先月の終わりに、続けるように発売された保坂和志さんの本、
「地鳴き、小鳥みたいな」と「試行錯誤に漂う」。

保坂さんの小説を読んでいる時間は、とても心地よく、その時間の中に、
ずっと居続けたくなるような、話の中に自分も入り込んで、出てくる人たちと
共に語り、考えているような、私にとって、愛おしい大切な時間です。

それはエッセイでも同じで、読みながら考えている時間が愛おしい。

「試行錯誤に漂う」では、読みながら、哲学者の内山節さんの講義との
共通性などを考えていました。

山についての話は、民衆仏教のあり方の話とのつながりを強く感じ、
そのつながりを感じた自分の思考の奥を掘り下げてみたい・・・。

この本に出会えてよかった、そう思います。

P1010686-t.jpg
荻窪の本屋さんTitleの2階ギャラリーで、“保坂和志 試行錯誤の部屋”を
開催していると知って、行ってきました。

Titleさんは、ずっと訪れてみたかった本屋さん。
外観も、とっても素敵です。

ギャラリーには、直筆原稿や、猫たちの写真などが、壁一面に飾られていました。
真っ白い空間に、秋の陽射しが入り込んで、素敵な雰囲気です。

飾られている原稿で、「試行錯誤に漂う」の中で、まだ読んでいなかった章、
おせち料理の絵をじっくりと読みました。

DSC_0244-m.jpg
イベント開催中は、保坂和志さんの著作かみずずのバックナンバーを購入すると
掌編紙「好きなもの」をいただけるとのことだったので、みすずを購入しました。

P1010691-c.jpg
お店に併設されているカフェで、「試行錯誤に漂う」の続きを読みます。
ギャラリーで読んだ「おせち料理の話」の章を読み始めたら、
夢のような、ありえないような出来事が起こりました。

保坂和志さんの本を読んでいる私の前に保坂和志さんが現れたのです。

偶然、著作へサインを入れに、展示会場にお越しになられたとのことでした。

それから後の記憶は、断片的で曖昧で、夢見心地でいるような感覚で、
それでも、しっかりと心に刻まれている記憶もあって、その記憶を大切に
持ち続けたいです。

DSC_0243-h.jpg
読んでいた本に、サインをしていただきました。
嬉しい、宝物にします。
気さくにサインをしていただき、ありがとうございました。

席を立ってからも、地に足がつかないような、不思議な感覚で家路に着きました。
生きていると、こんなことも起こるのだなぁ。。。

Titleさんでの“保坂和志 試行錯誤の部屋”は、11月22日まで開催中です。
2016.11.17 Thu l イベントのはなし l コメント (0) トラックバック (0) l top
朝から、どんよりとした曇り空で寒い一日。
もう、真冬になってしまったような寒さでした。

CIMG3437-s.jpg
お昼前から、佐倉で開催されていた佐倉城下町一箱古本市に行ってきました。
ハロウィン前日だったので、仮装している店員さんもちらほら。

CIMG3438-s.jpg
ずっと行ってみたかった、おもてなしラボも、古本市の会場になっていました。
お店の方とお話しながら本が選べて楽しいです。

この場所は、ドミトリーの宿泊施設があったり、
本を借りたり出来るオープンスペースがあるんです。

すぐに帰れてしまう距離ですが、こんなところに一度泊まってみたいなぁ。。。

こじんまりとした古本市でしたが、とっても楽しかったです。

CIMG3448-t.jpg
帰りに、近所の立ち呑みやさんへ。
普段、メニューにはない、半身揚げがあったので、注文しました。

骨までカリカリで、とっても美味しい。
塩山椒で食べるのがおススメということだったので、食べてみたら、
凄くおいしかった。また、食べられるといいな。
2016.10.30 Sun l イベントのはなし l コメント (0) トラックバック (0) l top
朝は、雨が降らずに曇っていたので、久しぶりに自転車に乗ったら、パンク。
もう、何年も乗っている自転車を譲ってもらって、そこから5年乗っていたので
多分寿命。

チェーンも伸びきってしまっているし、ブレーキのかかりも怪しかったので、
次にパンクしたら、自転車の買い替えだとは思っていました。

なので、急でしたが、自転車を買い替えました。
自転車自体に、あまりこだわりがないので、走れば良いくらいに思っていたのですが、
手ごろな値段のものは、ギア付きが多く、私の自転車もギア付きに。

午後からは、またしても雨。
しかも、今日もなかなかの雨量でした。

P1010575-b.jpg
雨の中、東京国際ブックフェアに行ってきました。
今回は、講演会を聴かずに、ブースを廻るだけです。

天気が良くないからか、昨年よりは空いているような気がしました。
会場には、書店だけでなく、製本の会社や紙の会社などのブースもあります。

普段、書店で見かけないような本も出版社ごとに並んでいるので面白いです。

DSC_0713-m_2016092515261271c.jpg
玄光社さんのブースで、安西水丸さんの特集誌を買いました。
買いそびれていたものが見つかって、しかもお値打ちで、凄く嬉しいです。
安西さんの絵、とっても大好きなんです。

マルちゃんも、中身に興味があるのかな。。。
2016.09.24 Sat l イベントのはなし l コメント (0) トラックバック (0) l top